「オリンピックは日本のゴールじゃない」


最近、色々サービスや技術の開発や整備が「2020年東京オリンピックに向けて」進められている、というニュースをよく目に耳にします。今朝もテレビでそれを聞いた娘の言葉。 「オリンピックは日本のゴールじゃない」 なるほど。その通り。 多くの予算が費やされ、たくさんのヒトやモノが動き、何かを始めたり進めたりするきっかけになるのは確かだし、それを大きな商機と捉える人も多いことでしょう。が、それは決してゴールではなく、一つの状況の変化、通過点でしかないんでしょうね。 オリンピックをソントクで考えてない若者の意見に、ちょっと唸ってしまいました。 私自身は、外国人の方にもお茶を知っていただきたい、親しんでいただきたいと願っているものとしてはやはりチャンスかなと考えています。日本人の方も同じですが、まずは知ってもらわないと興味も持ってもらえない。興味がないと習おうとも思わない。そういう意味で、お茶を多くの(外国人に限らず)方にまずは楽しんでいただけるような機会が増えるといいなと思います。オリンピックと言う国際的な行事に伴い広島を訪れる方も増えるでしょうから、日本を代表する伝統文化としての茶道をご紹介したい気持ちもあります。茶道の良さを伝えていくというのは私たちのミッションでもあると思っているのでできることがあればお役に立ちたいですね。

さて、その娘は 東京オリンピックの開会式の日に20歳になります。

数年前にそれがわかったときには思わず声を上げてしまいました。 彼女はどこでその日を迎えるのでしょうかね・・・



  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/8/2