初めてのお客様


ブログでは書いてきませんでしたが、稽古場を新設しました。

構想○○年? ここ!と決めた物件をお借りして数ヶ月。やっと形ができあがってきました。

今日は、初めてのお客様がみえられました。お招きしたわけではありません。(招かれざる客でもありません、もちろん) ご近所のおばさまのようで、工事をしている最中から気になってときどき覗いてくださっていたそうですが今日はたまたま私が玄関のあたりにいるときに視線があいました。

「拝見してもいいかしら」「どうぞどうぞ」ということで入っていただきました。

「あら、本間なのね!」「一間床なのね、花月も何でもできるわね!」「これだけ広さがあったら茶事もできるわね!」とワクワクしてくださいました。裏千家のお茶をしておられる方だそうです。そりゃ、工事してても気になるはずですね。

私はまだ「自分の修行も足りてないのに、こんな立派な場だけ構えてしまった・・・」という気後れ感いっぱいなのですが、このお客様はとても素直に、お気持ちを伝えてくださいました。

まだお湯を沸かすこともできない、ただ形ができかけているばかりの場所でも、お客様が喜んでくださった、楽しんでくださった、と感じることはうれしかったです。またもう少し整ったら、いつでもどうぞお立ち寄りください、とお伝えしたのですがまた来て下るでしょうか・・・

私にとっては、ちょっぴり自信を与えてくださった、大切な初めてのお客様でした。



  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/8/2