top of page

勘違いでした・・・

昨日「畳にぴったり」と書きましたが、勘違いだったことに気がつきました。

畳をおいてみてから、それにあわせて部屋の枠を仮に床に打ち付けたのだと思います。 なぜなら、もし「ホントの部屋の枠」だったら、襖の溝がある敷居になってるはずだからです。


普通とは逆で、畳が先にあるから、部屋の寸法を決定するために畳をしいてみたのでしょうね。近藤さんにはご苦労をおかけしています・・・・・。




Kommentare


bottom of page