名古屋帯のお稽古


着物をお召しになってお稽古に来られる方もおられますが、っていっても延べで月に2~3人・・・?ちょっとさみしい(笑)。 持ってるけど、習ったけど、うまくできない、忘れちゃったという方が多いですかね。せっかくお茶を習ってるのだから着物がきたい、でもできない、という方のために「お稽古にきてから着物を着ましょう」企画をはじめました。


今日は、教室に備えている二部式の着物の上に、名古屋帯を結んでみました。私は着付けを教える勉強はしていないので、横に並んで一緒に結びながら自分の先生にならった手付きをお伝えしていくだけです。でも一緒にやったらちゃんと形ができあがりました。思いのほか素敵な仕上がり。よし、これから毎回、ここまでやらないとお茶のお稽古に入れないことにしよう!と笑いあいました。着物は慣れなので、回数を重ねたらきっとできるようになります。


来週は、着物は自分で着てきます、という方が袋帯を結んでみたいそうです。楽しみです。



  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/6/28