子どものことばをまたまた受けとる


書きたいこと、書かなくてはならないこともいっぱいなのですが、今日あったステキなことを。

今日は月に一度の二葉公民館のこども茶道教室、5回目でした。3月のお茶会に向けて、小さいお子さん達はお母さんも一緒にお運びを。4年生以上はお点前をすることを目標にお稽古しています。

棗を清め、茶杓を清め、茶筅・茶碗を清めました。「さあ、次はなにをするんだと思いますか?」

5年生の女の子が「自分を清める」 

そう、そうなんだよ! よくわかってくれたね!

美味しいお茶を点てます、私の真心をこめて、と思いながらお道具と同時に自分の気持ちを清めていきます。それはとってもとっても大切なことで、お茶をいれるにあたってわざわざ「お点前」をする意味ですね。何度かお稽古をするうちに、そういうことを感じ取ってくれていたならうれしいです。

お稽古そのものだけでなく、準備や片付けも楽しんでくれているこども達です。手伝えることはないか尋ねてくれるだけでなくて、自分から仕事を探して動いてくれます。一緒にお稽古できて私もたくさんの喜びをいただいています。関わってくれる大人も増えてきてありがたい。みんなでいい会にしていきたいと願っています。

お茶会は3月23日。楽しみです。どなたでも歓迎です。


(記事と写真は無関係です)


  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/11/26