広島空港にて


 広島空港で、お呈茶をさせていただく機会がありました。以前ある集まりで空港の職員の方とお話をした際に、「空港ロビーでお茶なんて、できるんですか!? それは是非!」とお声かけいただいて、何度か打ち合わせをしたのちに実現する運びとなりました。

 出発ロビーフロアに入ってくる入り口と、国際線出発搭乗口との間にある広い通路、そこに厳島神社の大きな絵があります・・・と思っていたら、こちらは絵ではなくて陶板なのだそうです。その立派な陶板の前に立礼棚をしつらえて、お点前させていただきました。空港では様々なイベントをなさっていますが茶道は初めてだそうで、まずは100人のお客様をお迎えする用意をいたしました。さて、どうでしょう、足をとめていただけるでしょうか・・・



 結果としては、100人のお客様に、予定よりだいぶ短い時間で楽しんでいただくことができました。外国の方が多いことを想定していましたが、日本人の方も半分ぐらいおられたでしょうか。出発前のひとときを過ごしてくださる方の中には「お茶は久しぶりだけど、懐かしいわ」などと声を掛けてくださる方もおられました。また、外国の方では「滞在中に機会がなかったけど、日本を離れる最後にtea ceremonyが見られてよかった」とおっしゃる方も。特に外国の方はたくさん写真や動画をとっておられて、お点前さんはきっと緊張されたことでしょう。いや、あまりの頻度に慣れてしまわれたかも(笑)?  一緒に写真を、というご依頼もいただき、関心の高さを感じました。いかにも日本、という様子なのでしょうね。外からご覧になる方にとっては私達が「日本文化を紹介する代表」に映ったかもしれません。日本の、お茶の、いいところをお伝えできるように精一杯させていただきました。

 たくさんの方に喜んでいただけたことは、私にも生徒さん達にとっても大変幸せでした。不慣れな場所で十分にできないこともありましたが、空港職員の方達に大きなお力を添えていただき、おかげさまでなんとか務めることができたように思います。すばらしい機会をいただき、本当にありがとうございました。


 大雨のなかのひとときでしたが、みなさんにもよいお勉強の機会になったことでしょう。また次の機会を楽しみにお稽古に励んで参りましょう。


  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/9/18