着物は「晴れ着」だけじゃなくて。


先日の成人式の日、晴れ着のレンタルや着付けを請け負っている業者と連絡のとれない状況になるということがありました。残念な思いをされたお嬢さんたちやご家族が気の毒、というだけでは表しきれない気持ちになるニュースでした。

テレビでコメンテーターが話していることをきいて「なるほど」と思ったことがあります。「一生に一度の振り袖、何十万円も払った、何年も前から予約した」というような報道がなされると、「やはり着物ってものすごくトクベツで、高価で、ハレのものなのだ」というイメージがさらに大きくなってしまうのでは、という意見でした。

成人式でお嬢さん達がお召しになるのは「晴れ着」、文字通りハレの日に着る特別な着物で、振り袖のことが多いようです。でもこれは洋装でいえばアフタヌーンドレス、イブニングドレスに相当するような、文字通りフォーマルな晴れ着です。洋服でも、こだわった素材やデザインのドレスとなればお値段がはることでしょう。


でも、着物にもいろいろあります。洋装がドレスからジーンズや短パンまでいろいろあるように、未婚女性の礼装である振り袖から、もとは部屋着的な役割だった浴衣まで、さまざまです。お値段にしても、ウエディングドレスなどはこだわればキリがないけどお手軽なものもある。ジーンズも、ビンテージなどは目玉がとびでるお値段がするけど、ファストファッションのお店でも手に入る。着物だってそうなのです。着付けだって、ウエディングドレスならコルセットで体型を整えて着るけれど、普段着なら最低限の下着だけでしょう。着物もちょっと慣れたら、ぎゅーぎゅーしめつけなくたって、さらりと着られます。晴れ着の場合は「万一途中で着崩れたら大変」という着付ける方の思いやりが「きつめの着付け」になっているのかな、と思っています。

「一生に一度」なんて言わないで、もっと着物を着てみましょうよ!って言いたいなあ。振り袖も含めて、今や中古市場真っ盛りですからこだわりがなかったらお古着やアンティークにも素敵なものがたくさんあります。惜しがらずに着てみたらいいと思うのです。ちょっと素敵なワンピースをデパートで買うよりも、よほどお安く手に入るものもあります。私も普段着に着物を着ますから、そういうものを楽しく利用させてもらっています。お茶もそうですが、堅苦しい、とっつきにくい、お金がかかる、と思われずに親しんでみてください。まずはどこから?というところ、喜んでアドバイスさせてもらいます(^^)


  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/10/20