英語でお茶席 Tea Gathering in English


10月8日の体育の日に安芸の宮島で行われた「平清盛公生誕九百年祭記念宮島大茶会」にUIA(裏千家インターナショナルアソシエーション)中国四国エリアとして参加させていただきました。UIAの広島メンバー5人が中心となって、中四国各地からの応援と、さらには広島の淡交会・青年部の仲間達にも力をお貸しいただいて、初めての試みとしての大寄せのお茶会でした。茶道の精神や所作の解説、道具の説明などを主に英語でご紹介したいという会で、外国人の方は1割程度でしたが、「英語でお茶をどのように紹介するのか知りたい」「自分たちが英語でおもてなしをする際の参考にしたい」という日本人の方がとても多く、関心の高さが実感できました。私達としては「外国の方に茶道のよさをお伝えする」活動だと思っていたのですが、「お伝えしたい方々と、共に学ぶ」ことも、宗家での研修を受講させていただいた者としての大切な役割なのだと感じました。

お天気にも恵まれて予定をはるかに上回る数のお客様においでいただき心から感謝するとともに、せっかくきていただいたのに席に入っていただけなかった方もおられたことをお詫び申し上げます。

来てくださった方にはいろいろとお声をかけていただいてありがたいことでした。お茶はおいしかったか、楽しんでいただけたか、課題もいろいろです。次につなげて・・・ということはもちろんですが、掛けたお軸は「一期一会」。今このときを、心から大切にすることができていただろうか・・・。

いろんなことはありましたが、楽しかった!いい経験をさせてもらった!という清々しい気持ちで一杯です。初めて宮島にも泊まれましたし。

これからもいろんな機会を探して、多くの方に茶道の良さをお伝えする活動をさせていただけたら、と願っています。お客様、関係のみなさま、ありがとうございました。








  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/10/20