高校生の留学生にも茶道をご紹介


 アメリカから高校生の女の子をホームステイでお引き受けしている友人から「茶道を体験させてもらえないかな」というご相談がありました。日本文化→茶道→英語→カネコと発想してくださる方が多いようで、何度かこのような機会をいただいています。ほかの方にも声をかけて、やはりアメリカの高校生男子とホストマザーもきてくれました。両方のホストマザーとお友達でもある私の生徒さんと、私の娘も一緒でした。

 にじって席入りして、床を拝見。書がかかれた軸そのものが珍しいようですね。でももしかしたら、それはお茶にご縁のない日本人も同じかもしれませんね。


 お辞儀をして、お茶をいただきます。お抹茶の味は、外国でもお菓子や甘い(!)飲み物として親しまれているようですが、こうして茶道のお点前で点てられたお茶をいただく機会はないそうです。これもまた、日本人でも同じかもしれませんね(笑)。



 そして、それぞれ自分でもお茶を点ててみました。アメリカ人のお二人だけでなく、日本人のホストシスター・4年生ちゃんも生まれて初めてです。なかなか上手に点てられていましたね。



 点前をしたのは高2の娘です。この会の後に、彼女自身もアメリカに留学することが決まりました。あちらでも日本の文化をご紹介する機会があるとうれしいなあ、と母は願っています。



  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

Last Update 2020/3/29