お雛さま

最終更新: 3月21日

タイミングが大事という妙なプレッシャーがあるためか、飾らずに失礼する年もあります。あるいは、さほどの思いをこめずに、ただ「飾る」だけのことも多いのですが。


今年は、是非お出ましいただかなくては。娘に降りかかる病や禍をかわって身にうけて、形代として守ってくださるおひなさま。送り出したときには「困るような状況になったらいつでも助けに飛んでいけるから」と思っていましたが、自由に行き来もできなくなってしまった。どうか娘が無事にすごせるようにお見守りください。



菱あられを、かわいらしく盛ってくださいました。